お会式の意義と由来

お会式とは、日蓮聖人ご入滅のときに、池上の小山の桜が花咲いたという奇瑞から、以後、信者たちが万灯に桜の花を飾って池上に集い、お堂にこもって翌13 日の御入滅の時刻まで、読経唱題をし、さらに夜通しお徳を称える説教を聞いて、お慕いしたのが起源と伝えられております。立正佼成会では、昭和24年に、日蓮宗日円山妙法寺(東京・杉並区堀ノ内)のお会式にはじめて参加し、さまざまな経緯を経て現在の「お会式・一乗まつり」となりました。

お会式のルーツ

弘安5(1282)年10月13日辰の刻(午前8時ごろ)、日蓮聖人は入滅されました。その一周忌のお逮夜(前夜)にあたる12日に弟子たちの手で法会の儀式が営まれました。
お逮夜法要に参加するため、信者たちが手にちょうちんを持って参集し、寺院にも桜を飾って師の徳を慕い、偲んだのが起源と伝えられています。今日のようなお会式万灯行進が成立するのは、江戸時代のことになります。
万灯は、日蓮聖人入滅の際、時ならぬ桜が一斉に咲いたとの言い伝えからうまれました。高張りちょうちんに花を付けた簡素なものから行灯形、五重の塔を模したものも登場し、その後、聖人の一代記や花の絵が描かれた豪華な万灯も作られました。
現在では、全国100箇所以上の寺院でも行われており、各地で盛り上がりを見せています。

日蓮聖人の足跡

では日蓮聖人とはどのような方だったのでしょうか。
鎌倉仏教の祖師の一人、日蓮聖人は貞応元(1222)年安房国(千葉県)小湊で生まれました。12歳で清澄寺に上り、16歳の時、得度しました。日蓮聖人は、比叡山や高野山などで研さんを積みました。
建長5(1253)年、清澄寺で、「教主釈尊の教えを受け継ぎ、末法濁世の人々を救済せん」とする『立教開宗』を宣言。その後、『立正安国論』を幕府に献上しましたが、幕府や諸宗を批判したとされ、流罪やいのちを奪われそうになるなどの法難を受けました。しかし、日蓮聖人は決して権力者に媚びず、広宣流布にいのちを捧げました。弘安5(1282)年10月13日、武蔵池上郷(東京・大田区)で61年の生涯を閉じました。

立正佼成会とお会式

立正佼成会が初めてお会式万灯行進を行ったのは、昭和24年。日蓮宗日円山妙法寺(東京・杉並区堀ノ内)のお会式に参加したことがきっかけでした。初の万灯行進は、万灯10基、纏3基に笛、鉦、太鼓という構成でした。翌年には、鎌倉の龍口寺お会式にも参加。昭和26年からは、纏の振り方や太鼓、鉦の打ち方、お囃子など本会独自の様式によるお会式が行われるようになりました。
「『教主釈尊の本懐に帰れ』をモットーとされ、身命を賭して法華経を流布し、国を救おうとされた日蓮聖人のご遺志を受け継がせて頂こうと心に誓ったことが、お会式を行うようになったそもそもの理由です」と庭野開祖は法話で述べています。
本会の単独行事となって最初の万灯行進には、新宿、渋谷、中野など8ヵ所から本部に向かって行進が展開されました。その後、交通事情などにより行進の中止や変更を繰り返し、今日のような形態になっていきました。
本会のお会式行事は、日蓮聖人を慕い、法要を通して、報恩感謝の真心を捧げ、行動を表すことによって信仰心、そして強固な団結心の高揚を図ってきました。
平成12年から、平成11年10月に入寂した庭野開祖の一乗の精神を万灯行進に込め、「お会式・一乗(いちじょう)祭(さい)」と名称を変更。平成20年、「お会式・一乗まつり」と改められ現在に至っています。

お会式一乗行進に登場する万灯、纏、笛、鉦、うちわ太鼓には、使われるようになった理由や現在の形に至った経緯があります。
そして、行進する人々の願いや祈りが込められています。

お会式トップへ